月額が一番安いインターネットはコチラ →

SoftBank Airとは?評判からメリット・デメリットまで徹底解説!

SoftBank Air

ソフトバンクエアーは工事が要らないインターネットサービスのこと。

CMでもよく放送されているので気になっている方も多いでしょう。

特に自宅でネットを使いたいけれど工事はしたくない方や、工事ができないという方にはオススメです。

今回は実際に使っている方の評判や、ソフトバンクエアーの特徴、お得な申し込み方法などについてご紹介します。

ソフトバンクエアーのネットでの評判をチェック

ここでは実際の口コミから解るSoftBank Airの評判をまとめてみました。

ソフトバンクエアーの速度についての評判

速度が遅い、夜は速度が下がるといった口コミもありましたが、実際に使っている人の声を総合すると「普通に使える」という声も多くありました。

もちろん、置く場所や地域、利用時間によって速度は異なります。

もし速度が遅かった場合は、その対処法についても下記でご紹介しますので併せてチェックしておくことをおすすめします。

ソフトバンクエアーの料金についての評判

スマホなどの通信量などと併せて考えると、料金が安くなるというケースも多いようです。

また、ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割引が適用されるので、安く利用することができます。

具体的な料金については以下でご紹介していきます。

ソフトバンクエアーの特徴まとめ

ソフトバンクエアーの速度

公式サイトで掲示されている金額は下り最大962Mbpsとなっています。

ベストエフォート形式といって通信環境により速度が変化する形式になっており、夜間などは速度が低下する場合もあります。

大量のデータ送受信をするオンラインゲームなどを行う場合は速度が気になる可能性もありますので、ヘビーユーザーの場合は注意しておいた方がイイでしょう。

ですが通常利用する分には問題ないケースが多いようです。

ソフトバンクエアーの端末について

ソフトバンクエアーは据え置き型の端末をコンセントに繋ぐというもの。端末は購入またはレンタルで利用することになります。

購入の場合

端末を分割で購入する場合、以下のような料金形態になります。

基本料金 4,880円
スタート割(12ヵ月間) ー1080円
Airターミナル分割料金(36回分割) 実質0円
1年間の基本料金 3,800円

加入から1年間はスタート割が適用されるので安くなりますが、1年後から1,080円が追加されます。

分割購入の場合は36回の分割となりますが、契約期間中は文克料金が月月割の適用で実質0円となります。

36回の分割の間解約しなければ、無料で機器を使えることになります。

ですが途中で解約した場合は残っている端末料金を支払う必要があるので注意しておきましょう。

3年以内で解約する予定がある場合は、レンタルでの利用がオススメです。

レンタルの場合

レンタルの場合は毎月490円のレンタル料金が含まれ、月々5,370円での利用となります。

レンタルの場合はスタート割が適用にならないので注意しておきましょう。

ソフトバンクエアーのキャンペーン・割引

上記でもご紹介しましたが、購入で利用するとスタート割という割引サービスが適用されます。

最初の1年間は1,080円が基本料金から割引され、3,800円で利用可能です。

また、ソフトバンクスマホを持っていると「おうち割光セット」が適用になり、スマホ代がお得になる割引サービスが受けられます。

ソフトバンクスマホを持っていれば通信量をぐっと抑えることができるのでオススメです。

おうち割については後程詳しくご紹介します。

ソフトバンク光との違いを比較

ソフトバンクでは工事が必要な光回線のソフトバンク光というサービスも実施されています。

ソフトバンク光にするかソフトバンクエアーにするかで迷っているという声も多いので、この2つのサービスについて比較してみました。

ソフトバンクエアー ソフトバンク光
月額料金 購入:3,800円~
レンタル:5,370円
戸建て:5,200円
マンション:3,800円
速度 最大962Mbps 最大1Gbps
工事の有無 なし あり
初期費用 分割の場合なし
一括購入の場合端末料金58,320円
開通工事費用最大24,000円

マンションの場合は月額料金もあまり変わりません。

速度はやはり回線を優先で引いている分、ソフトバンク光の方が安定しています。

大きな違いはやはり工事が必要かどうかという点。

もし引っ越しをすることになった場合は、光回線を引くと撤去工事費用などもかかります。

ですがソフトバンクエアーの場合は最初の工事費用も不要で、引っ越しの際も手続きをするだけ。

工事をするのが難しい場所に住んでいるという場合や、工事をしてもすぐに引っ越す可能性があるという場合などは手軽にすぐ使えるソフトバンクエアーの方がイイでしょう。

工事をすることに抵抗がない、問題がないという場合は速度が安定しているソフトバンク光がオススメです。

ソフトバンク光ではキャンペーンで初期工事費用が無料になることもあります。

おうち割光セットでスマホ代がお得になる

ソフトバンクエアーはsoftbankスマホとのセット割サービス「おうち割光セット」を利用できます。

ネット回線1つにつき、ソフトバンクスマホ・ケータイが最大10台まで毎月最大1,000円(プランにより割引料金が異なります)割引になります。

例えば家族4人でソフトバンクスマホを持っている場合、毎月最大4,000円、年間では最大48,000円もスマホ料金が安くなります。

1人でも年間で最大12,000円ものスマホ料金の節約になるこの割引サービス。

ソフトバンクスマホを持っているなら、ぜひ活用してほしいサービスです。

ソフトバンクエアーの速度が遅いときの対処法

ソフトバンクエアーは設置場所などの問題によって速度が遅くなってしまうことがあります。

使ってみて速度が遅くなってしまうトラブルが起きた場合の対処法についてもご紹介します。

まずは再起動してみよう

インターネット機器の不具合は、再起動をすれば改善することがあります。

原因が思い当たらない場合は、まず機器を再起動してみましょう。

設置場所を変更してみよう

ソフトバンクエアーはコンセントに差して利用するため、コンセントの近くに置くケースが多いでしょう。

ですが場所によっては電波が入りづ暗くなってしまうことがあります。

そのため、延長コードなどを使って電波が入りやすい場所を選んで設置することをおすすめします。

最適なのは窓際。

壁などがあれば電波が入りづらくなることがあるので、遮るものがあまりない窓際がオススメです。

ソフトバンクエアーのセットアップメニューにアクセスすると、電波の受信レベルが表示されます。

自宅の窓際に置いてみて、どの窓際が一番電波を受信しやすいかチェック。一番しっかりと受信する場所に設置するといいでしょう。

LANケーブルを接続してみよう

LANケーブルを差し込むコネクタのあるパソコンなどの場合、ソフトバンクエアーのルーターとパソコンなどの端末を直接LANケーブルで繋いで通信することができます。

無線よりも優先の方が安定するので、LANコネクタがついている端末を利用する場合は、ルーターと端末をLANケーブルで繋いでみるのも1つの対処法となります。

機種変更をすると改善できることも

ソフトバンクエアーの端末「Airターミナル」は現在「Airターミナル4」が最新となっています。

前機種のAirターミナル3とAirターミナル4では、速度が3倍も違います。

古い機種を持っている場合、新しい機種にすると速度のトラブルが改善する可能性も大いにあります。

Airターミナル本体を購入している場合は、機種変更キャンペーンを適用して事務手数料無料で機種変更することが可能です。

また、Airターミナル1や1.5から機種変更する場合は基本料金が36ヵ月間684円割引となるサービスも適用されます。

古い機種を持っている場合は、機種変更を検討してみるといいでしょう。

どうしても改善しない場合はクーリングオフ制度を活用しよう

どうしても速度が改善しない、全く使えないという場合はクーリングオフ制度を活用して解約するという方法もあります。

クーリングオフは契約から8日間以内であれば違約金なしで解約できるという仕組みです。

ただし8日を超えるとクーリングオフ制度の期間を過ぎてしまうので、解約すると違約金や端末代金の残金の支払いをしなければならないので注意しておきましょう。

引っ越し時の注意点

ソフトバンクエアーは引っ越し先でも工事不要で継続して使用可能です。

引っ越しの多い方などにとってはとても便利。引っ越し時には住所変更の手続きを行いましょう。

住所変更の手続きをしないまま利用していると速度制限がかかってしまったり、強制的に解約になってしまう可能性もあるので要注意。

住所変更はネット上で手続きが行えるので簡単です。

ただし、引っ越し先の住所が対応エリアに入っていなければ使うことができません。

事前に引っ越し先がソフトバンクエアーの対応エリアに入っているかどうかもチェックしておくといいでしょう。

ソフトバンクエアーのメリット・デメリットまとめ

ここまでソフトバンクエアーの特徴などについてご紹介してきましたが、改めてSoftBank Airのメリットとデメリットをまとめて解説します。

ソフトバンクエア―のメリット

メリット①:工事が不要

やはり一番のメリットは工事が不要で使えるという点です。

マンションで工事ができない場合や、工事立ち合いの日程を取れない場合、工事を待たずにすぐに自宅でネットを使いたい場合などは工事不要のソフトバンクエアーがとても便利です。

申し込みから3日程度で端末が届き、コンセントに繋ぐだけでネットができるというのは非常に手軽で便利です。

最低でも申し込みから1週間以上、工事立ち合いの日程が合わないと申し込みから開通まで数ヵ月かかってしまう光回線と比較すると、面倒な手続きがなく早く使えるという点がメリットになります。

メリット②:通信制限なしで利用できる

スマホでの通信制限に困っている方にとっては、速度制限なしで利用できる回線があればとても便利でしょう。

スマホのネット契約のみの場合、動画をたくさん見すぎてしまうと月末には遅くて使えなくなる、といったこともありますよね。

ですがソフトバンクエアーを自宅に設置すれば自宅では速度制限を気にすることなく快適にネットを楽しむことができます。

メリット③:おうち割の適用でスマホ代が安くなる

ソフトバンクスマホを持っている方が受けられる「おうち割」が適用されれば、大幅にスマホ料金を節約することができます。

ソフトバンクエアーはソフトバンクユーザーにとってはとてもお得になるサービスなので、ぜひ活用しましょう。

ソフトバンクエアーのデメリット

デメリット①:光回線と比較すると速度は遅い

工事が必要な光回線と比較した場合、どうしてもソフトバンクエアーは速度が遅いと感じることがあります。

重いデータの送受信を頻繁に行う、PCゲームやテレビのオンラインゲームなどで利用したいという場合は、速度に満足できない可能性もあるでしょう。

重いデータの送受信に対応できる高速回線が必要な場合は、ソフトバンク光など工事が必要な光回線を選ぶことも検討してみるといいでしょう。

デメリット②:解約の時期に気を付ける必要がある

ソフトバンクエアーは2年の契約更新となっているため、2年後の更新月に解約すれば違約金は必要ありません。

ですが端末を分割で購入した場合の月月割は3年間となっています。

2年後に解約をした場合、端末料金が1年分残っている状態になるため、残金の支払いをしなければなりません。

このことを踏まえて、解約の時期や購入時の支払い方法などをよく検討しておくといいでしょう。

オススメの申し込み窓口は正規代理店NEXT

SoftBank Airオススメの申し込み窓口は正規代理店NEXT※NEXTのキャンペーンサイトより

ソフトバンクエアーは公式サイトやオンラインショップ、ソフトバンクショップなどで申し込みが可能です。

ですがよりお得に申し込めるのは正規代理店のNEXTからのネット申し込みです。

正規代理店からの申し込みをした場合、30,000円の現金キャッシュバックが受けられます。

公式サイトや家電量販店などで申し込んだ場合はこのキャッシュバックは適用となりません。

オプションの加入などの必要なく、簡単な手続きで最短契約から2ヵ月後に現金が口座に振り込まれます。

申し込みをするなら、NEXTから申し込むことをおすすめします!

ソフトバンクエアーについてのまとめ

ソフトバンクエアーは工事不要で手軽に自宅で速度制限のないネットを楽しめるサービスです。

スマホの速度制限を改善したいという方や、工事をせずに自宅でネットを楽しみたいという方にはオススメのサービスです。

NEXTから申し込めば30,000円のキャッシュバックが受けられますし、ソフトバンクスマホを持っているならスマホ代もお得になります。

他社からの乗り換えの時の違約金や撤去工事費も最大10万円まで還元してくれるキャンペーンも実施されています。

キャンペーンは予告なく終了してしまうこともあるので、お得に契約できるキャンペーンが行われているうちに申し込むことをオススメします。